メニュー

プロミスの約定返済額

現在、銀行や消費者金融のカードローンの返済方式は残高スライド方式が主流になっており、前月の借入残高によって翌月の約定(最低)返済額が決まります。

 

例えば、借入残高が10万円なら約定返済額は3千円、30万円なら6千円、50万円なら1万円などとなっており、借入残高の増減と比例して約定返済額もスライドします。なお、約定返済額はあくまでも返済すべき最低の金額なので、それ以上であればいくらでも問題ありません。

 

そして、約定返済額は通常、借入残高ごとに「金額」で表示されていますが、プロミスの場合は「率」で表示されています。

 

プロミスにおける約定返済額は、借入残高が30万円以下の場合は借入残高の3.61%、30万円超100万円以下では借入残高の2.53%、100万円超では借入残高の1.99%と定められています。なお仮に、約定返済額に100円単位以下の金額が出た場合は1,000円単位まで切り上げられます。

 

例えば、前月の借入残高が75,000円だったとすると、75,000円の3.61%で2,707円となるため、約定返済額は3,000円です。また、借入残高が350,000円の場合は350,000円×2.53%で8,855円となるため、約定返済額は9,000円になります。

 

ちなみに、アコムもプロミスと同様な方式になっていますが、アコムの方が設定率が高いため、プロミスより約定返済額が若干高くなります。
プロミスの返済金額